『たねをまくことは、命をつなぐこと』をモットーに、
人と自然をつなぐ、新しい未来の農業を創ることを掲げています。
福島県二本松市東和地域には、
自然豊かな棚田の風景、のびのびと暮らす大地の恵みがあります。

3.11以降、
福島の大地は汚染され、田畑は荒れ、人が離れ、
農業が一変しました。

しかし、
種をまいて、耕すことにより、土の力がよみがえり、
農作物に放射性物質が移行しないことがわかってきました。

一つの種は、
生命の源であり、私たちの生命につながっています。(バンダナ・シバ)

種をまくことにより、人が集まり、人と自然がつながる
そんな空間を創っていきます。

『Seed of Hope for the Future -未来へのきぼうのたね-』


—お約束—
☆放射能測定、土壌検査した農産物のみを販売します。
☆体験の際には空間線量をしっかり表示しお知らせします。

きぼうのたねカンパニー株式会社
代表取締役 菅野瑞穂
〒964-0111 福島県二本松市太田字布沢282